日本経済復活の会
借金時計 News 没落する日本経済 政府との質疑応答 国会議員等 活動 書籍
参考論文・記事等 論文 連絡先 次回定例会 過去の定例会 リンク ***
会長のブログ シンポジウム2004 ノーベル経済学賞受賞者からの手紙 会長プロフィール
日本経済復活の会  本日: 昨日:
『チャンネルAJER』からメールマガジンの配信がスタートしました
マクロ計量モデルと政策シミュレーション:実習型入門コース  
『チャンネルAJER』(YouTube)
2011年6月1日 ON-AIR Net-TV 『チャンネルAJER』のご案内
【マンガ】没落する日本経済 デフレ不況克服・景気回復の経済学!
2010年6月22日(火) 読売新聞(朝刊)22面掲載(東京)の意見広告
日本経済復活の会 インターネットTV
借金時計改良版に関してはこちらのページをご覧ください
景気対策をやればやるほど将来世代へのつけは減る!!

 多くの人が誤解しているのは、景気対策を行えば国の借金が増えるということだ。確かに借金の絶対値は増えるが、絶対値など何の意味も無い。GDPの少ない国は借金も少なく、GDPの大きい国は借金も大きい。問題なのは国の借金をGDPで割った借金のGDP比だ。意外と思うかもしれないが借金のGDP比は、景気対策をやればやるほど減ってくることを内閣府は示している。
 内閣府や様々なシンクタンクの試算で、景気対策を行えば行うほど国の借金のGDP比が減ることが示されているが、残念ながら、この事実を知っている人は極めて少ないし、財務省が圧力をかけてこの事実を国民に知らせないようにしている。
 もちろん、景気対策をやりすぎるとハイパーインフレになり、国の借金のGDP比は事実上0になるのだが、そこまでやる必要は全くない。適度な景気対策であれば、適度なレベルのところまで借金のGDP比を下げることができる。
 橋本内閣、小泉内閣、鳩山内閣、菅内閣、野田内閣等は、デフレ下での緊縮財政を強行したが、国の借金は減るどころか増えてしまい将来世代へのつけを増やしてしまった。当然だ。景気対策を十分行って、少なくともインフレ率が2〜3%程度になるまで景気を回復させなければ、国の借金のGDP比を減らすことは不可能だ。詳しくは
 『お金がなければ刷りなさい』小野盛司、中村慶一郎書、ナビ出版
 『日本はここまで貧乏になった』小野盛司著、ナビ出版
 『積極財政で財政が健全化する!』小野盛司著、ナビ出版
 『これでいける日本経済復活論』小野盛司著、ナビ出版
をご覧下さい。
http://tek.jp/?page_id=74
 もしもデフレを脱却し3%のインフレ率(又はデフレーターの上昇率)となり、実質成長率が2%なら名目成長率は5%(=2%+3%)となる。名目成長率が5%増えると国の借金のGDP比は約5%減る。増税をして借金のGDP比を5%減らそうと思えば借金を50兆円減らすほどの大規模の増税をしなければならず、それは大恐慌を引き起こし国の借金を減らすどころではなくなる。しかし、大規模な景気対策をすれば名目5%成長は可能であり、一度経済が成長を始めそれが維持されるならそれ以後毎年5%ずつ借金のGDP比は減っていくし、税収も激増する。財政の健全化は経済成長以外にあり得ない。

日銀による大規模な国債買い入れに加え大規模な財政出動を行った時の効果

1.景気がよくなる
2.将来世代へのつけが減る
3.デフレ脱却が可能になる
4.給料が上がる
5.失業率が減る
6.日銀は国債を大規模に買っており、金利は上昇しない。また国の借金に対す
  る利払いも日銀を経由して国に返ってくる

 クルーグマン、サミュエルソン、クライン、スティグリッツといったノーベル経済学賞受賞者が行ったこの日本経済への提言を、真剣に検討してはどうだろうか。
更新情報
Jun 08, 2016 「次回定例会」ページ(開催のお知らせ)更新
「会長のブログ」ページ更新
Apr 06, 2015 「借金時計」更新
Apr 03, 2015 「TOP」ページ更新(景気対策...)
「借金時計」ページ更新
Jan 23, 2014 「国会議員等」ページ更新
Jun 08, 2011 「TOP」ページ更新(チャンネルAJER:YouTubeリンク作成)
May 30, 2011 「TOP」ページ更新(Net-TV 『チャンネルAJER』のご案内
May 06, 2011 「過去の定例会」ページ更新
Nov 18, 2010 「リンク」ページ更新
Oct 29, 2010 「会長のブログ」ページ新規開設
「掲示板1」「掲示板2」ページ削除
Sep 17, 2010 「TOP」ページ更新(景気回復の経済学リンク作成)
Jun 22, 2010 「TOP」ページ更新(読売新聞掲載の意見広告PDF公開
Apr 08, 2008 「書籍」ページ更新
Feb 29, 2008 「政府との質疑応答」ページ更新
Feb 14, 2008 ホームページレイアウト変更
Copyright ©2002 - 日本経済復活の会(Association for Japanese Economic Recovery). All rights reserved.